エコリサイクルセンター

お問い合わせはコチラ

広島県の家具回収処分方法7個と費用!安い大型家具処分サービス紹介

広島県の家具回収処分方法7個と費用!安い大型家具処分

家具が不要になった場合、大きさによっては処分方法に困ることも少なくありません。また、状態がいい家具を捨てるのは忍びないものです。

こちらの記事では、広島県内で家具を処分する場合の方法や費用について紹介します。できるだけ安い方法を選んで、賢く処分しましょう。

※すぐに処分したい人は、エコリサイクルセンターにご相談ください。安さと早さに自信があります。

1. 粗大ゴミで処分する

一番シンプルでわかりやすい方法が、粗大ゴミで処分する方法です。ただし、広島県内の自治体によってルールが異なるため、処分前にチェックするように心がけましょう。

また、小さいサイズの家具であれば、粗大ゴミの指定日に合わせてゴミ集積所に出すことができます。しかし、30センチを超える大型家具は、解体しない限り粗大ゴミとして出せない可能性が高いでしょう。

多くの自治体が、粗大ゴミを出す際に貼るシールを販売しています。シールの金額は、自治体によって異なりますが、おおよそ500〜1,000円程度でしょう。

細かく解体した上で正しく分別できれば、ごみ袋代だけで済みます。とはいえ、ベッドや金属製の家具は、簡単に解体できるものではありません。無理なくゴミ集積所まで運べる家具や自分で解体ができるものであれば、自治体での処分に向いているでしょう。

あまりにも大きな家具は、自治体が設ける処分場に持ち込まなければならないケースがあります。処分できるかわからない場合は、ゴミ集積場に出したけれど、引き取ってもらえなかったということがないように、事前に自治体に確認しておくことが大切です。

2. 買い替え時に引き取ってもらう

ベッドやソファーなどは、買い替え時に引き取ってもらえるケースもあります。例えば、大手家具メーカーや家具の量販店では、基本的に買い替え時に下取りを請け負っているので活用しやすいでしょう。

また、同メーカーの家具であれば、リユース・リサイクルを目的として無料で引き取ってもらえる可能性もあります。しかし、一般的には、引き取り金額として4,000円程度が必要です。

とはいえ、納品時にそのまま引き取ってもらえるため、非常に便利な手段といえるでしょう。店舗によっては、引き取りができない製品もあるので、事前に確認しておくことが大切です。

3. 不用品回収業者に依頼する

買い替えをするわけではなく、古い家具を処分するだけの場合は、不用品回収業者に依頼するのも一つの手段です。特に、大型家具で自分1人では手に負えない場合や、幾つもの家具を合わせて処分したい場合におすすめの方法といえるでしょう。

ただし、不用品回収業者の中には、無料回収を謳い文句に不法投棄をする業者や不当な金額を請求してくるケースも見られます。甘い言葉に騙されることなく、正しく処分をしてくれる業者を選ぶことが大切です。業者選びをするときは、知り合いの紹介や口コミなどをチェックしてから選んだり、複数の業者に見積もりを取って検討することをおすすめします。

不用品回収業者に依頼した場合の相場は、軽トラックで1〜2万円程度です。
2トントラックを依頼すれば、3〜4万円程度かかるでしょう。
業者によっては、基本料金として数千円に加えて、処分する家具の量によって金額が変わる変動制を設けているところもあります。

4. リサイクルショップで出張買取してもらう

不要になった家具を売却するのも一つの処分方法です。処分費用を払うことなく、お金をもらって処分できるため、かなりお得な方法といえるでしょう。店舗へ持ち込むこともあれば、無料で引き取りに来てくれるケースもあります。自分で持ち込むのが難しい場合は、引き取りサービスを手がけている業者に依頼するようにしましょう。

リサイクルショップで高く売るためには、綺麗に掃除をしておくことが大切です。また、保証書があったり季節に合ったものであればなおさら高く売れるでしょう。

一方で、あまりにも状態が悪いものは値がつかないばかりか、引き取ってもらえない可能性もあるので要注意です。搬入した後で、引き取りができないとなると手間がかかるので、一度査定してもらえる業者を選ぶのもポイントでしょう。

5. ネットオークションやフリマアプリで売る

最近は、ネットオークションやフリマアプリで、誰でも簡単に不用品が売れる時代です。スマホ一つあれば、すぐに出品ができるため、出品作業の手間を苦痛と感じない人にとっておすすめの方法といえるでしょう。

ただし、すぐに売れるとは限らないため、処分を急いでいる人には向きません。多少傷がついていても、ある程度綺麗であれば売れる可能性があり、リサイクルショップでは売れなかったアイテムも希望が持てます。また、できるだけ早く売るためには、わかりやすい写真を撮ったり説明文を丁寧に書くなどの配慮が必要です。

6. 引っ越し業者に依頼する

引っ越しをきっかけに家具を処分する場合は、引っ越し業者に依頼するのもよいでしょう。最近は、引っ越し業者のバリエーションが増えており、不用品回収サービスと合わせて行なっているところも見られます。

引っ越しの相談をする段階で、不用品の処分が可能かどうかを確認しておきましょう。搬出搬入の手間がかからないため非常に楽な方法ですが、場合によっては追加料金がかかる可能性があります。オプションで行なっている場合は無料になるケースもあるので、事前に見積もりを取っておくことが大切です。

7. 知人に譲る

最近はSNSを使って、不用品を譲ることを打ち出しているケースも見られます。特に、知人の間で譲り合うことが増えているでしょう。

譲る条件として、引き取りに来てもらえることなどを添えておくと、自分で運ぶことなく不用品を引き渡すことができます。収入にはなりませんが、料金もかからず、活用したい人の元へ手渡すことができるので一石二鳥でエコな方法といえるでしょう。

まとめ

大型家具は、いざ処分するとなると非常に困る存在です。ベッドやタンスなどは、解体するのも一苦労でしょう。

そんな時に、正しく処分する方法を把握しておくと、処分する際にスムーズです。できれば、料金を支払うことなく、うまく処分できるような方法を選ぶことをおすすめします。


通話料無料!電話ですぐに概算見積もり可能
最安値水準!他社より高い場合はご相談下さい!

0120-538-889 LINE問合せ