エコリサイクルセンター

お問い合わせはコチラ

広島県のリサイクル家電の処分方法6個と費用!無料も?サービス紹介

広島県のリサイクル家電の処分方法6個と費用!無料も?

家電リサイクル法が実施されて以来、リサイクル家電の処分方法に悩む人が増えています。もちろん広島県も例外ではなく、出来るだけ安く家電を処分したいと考える人も少なくありません。

こちらの記事では、広島県におけるリサイクル家電の処分方法をまとめました。これから、リサイクル家電の処分を考えている方におすすめの内容です。

※すぐに回収してほしい方は、当エコリサイクルセンターまでご相談ください。安さと早さに自信があります。

家電リサイクル法の対象とは?

全ての家電が家電リサイクル法の対象となるわけではありません。
基本的に、家電リサイクル法の対象となるのは「洗濯機」「冷蔵庫」「エアコン」「テレビ」の4品目です。

事業所から出た処分品だけではなく、一般家庭から破棄されるものも対象となっています。こうして、処分されたリサイクル家電は、使える部品や材料をリサイクルされ、資源の有効活用に一役買っているのが特徴です。

家電リサイクル法の対象となる製品は、正しく処分する必要があります。適当に処分してしまえば、不法投棄として罰せられるでしょう。

また、許可を得ていない業者に引き取りを依頼すると、結果的に不適切な処理や管理がなされ、火災や有害物質の発生にもつながりかねません。さらに、高額請求トラブルも多く発生しているので、注意して処分するように心がけましょう。

家電のリサイクル料金

不要になったリサイクル家電は、処分料を払って捨てる必要があります。処分料の中には、リサイクル料金と収集運搬料が含まれているのが通例です。また、リサイクル料金はメーカーによって異なり、収集運搬料は小売業者ごとに違うため一概にはいえません。

とはいえ、相場はおおよその見当がつくので把握しておくと、いざ処分するとなったときに便利でしょう。広島県を含む、全国の対象家電 4製品の相場は次の通りです。

・洗濯機…2,530円
・冷蔵庫…3,740円(170リットル以下)・4,730円(171リットル以上)
・ブラウン管テレビ…1,320円(15型以下)・2,420円(16型以上)
・液晶テレビ…1,870円(15型以下)・2,970円(16型以上)
・エアコン…990円
セパレート型になっているエアコンの場合、室内機と室外機を合わせた料金です。
ただし、どちらか一方だけ処分する場合も変わりません。

家電の回収処分方法6個

1. 指定の取引所へ持ち込む

リサイクル家電は、広島県内にある指定の取引所へ持ち込むことができます。処分前に、郵便局で家電リサイクル券を購入し、必要事項を記入しましょう。

家電リサイクル券は、適切にリサイクルした証明になるため、大切に保存しておかなければなりません。後になって、処分されたかどうかが気になった時に、確認することができます。

ここでかかる費用は、リサイクル料金のみです。自分で持ち込む必要がありますが、運搬料がかからないことから、他の処分方法より安く済む可能性があります。

ただし、大きな家電は自分1人で運ぶことは困難です。また、軽トラなどの搬入車両を用意する必要があるでしょう。これらの課題をクリアできる場合は、オススメの方法と言えます。

指定取引場所については、一般財団法人家電製品協会のホームページで確認可能です。この場合の費用目安は、リサイクル料金の目安と同じなのでわかりやすいでしょう。

2. 購入店舗に引き取ってもらう

新たな買い替えをするわけではなく、単に古くなったリサイクル家電を処分する場合は、もともと購入した店舗に引き取ってもらうことができます。家電リサイクル法によって定められているため、家電を販売した店舗はリサイクルを受け付けなければなりません。

購入店に引き取ってもらう場合、リサイクル料金とあわせて収集運搬料金を支払う必要があります。収集運搬料金は、おおよそ1,000円〜4,000円程度です。

出張回収の場合、さらに費用がかかる可能性もあります。リサイクル料を払うと、家電リサイクル券が発行されるので、保管しておきましょう。小売店で発行される家電リサイクル券は、取引所で発行されるものとは異なります。

3. 買い替え店舗に引き取ってもらう

買い替えと同時に、古くなったリサイクル家電を処分する場合は、新たに購入する店舗で引き取ってもらうのが賢い選択です。この場合も、基本のリサイクル料金に合わせて収集運搬料が必要となります。

収集運搬料は、お店によって異なりますが、1,000〜4,000円程度でしょう。こちらでも、家電リサイクル券が発行されるので、保管しておく必要があります。買い替えの場合、新たなアイテムを届けてもらうタイミングで引き取ってもらえるため、手間がかかりません。

4. 不用品業者に引き取ってもらう

引っ越しや解体などで、不要になったリサイクル家電をまとめて処分したいときは不用品業者に依頼するのがおすすめです。ただし、業者を選ぶことが大切です。見積もりより高い金額を請求された場合は注意してください。

正しく業務を手がけている業者が見つかれば、回収までの手間もなく即日回収してもらえる可能性もあるため、非常に助かります。

不用品回収業者に依頼した場合、回収処分費の相場は業者によって異なるものの、1アイテム4,000円〜6,000円程度でしょう。また、他のアイテムや家具などと捨てる場合は、軽トラック1台で1万円〜で引き取ってもらえるパターンもあります。

5. リサイクルショップに売る

費用をかけずに、お金をもらう処分方法です。型が新しいタイプの家電や美品、高性能なアイテムなどは高値で買い取ってもらえる可能性があります。

しかし、使用感があり傷がついていたり、故障していたりする場合は値段がつかず、あまりにひどい場合は引き取ってもらえないケースもあるので要注意です。とはいえ、本来ならお金を払って処分するはずの家電を売ることができるので、一番お得な処分方法といえるでしょう。

6. ネットオークションやフリマアプリで売る

こちらは、自分で売却する方法です。

出品するためには、写真を撮影したり説明を入力するなど手間がかかり、発送もしなくてはならないため大変な処分方法ですが、場合によっては壊れたジャンク品も売れる可能性があります。こうした作業が苦に感じない方には、オススメの処分方法といえるでしょう。

まとめ

リサイクル家電を処分するためには、気をつける点がありますが、処分方法も多岐に渡ります。賢い処分方法を選べば、リサイクル料金を支払うことなく処分できる可能性もあるでしょう。昔とは異なり、処分に手間がかかるようになりましたが、不法投棄などをすることなく正しく処分することが大切です。


通話料無料!電話ですぐに概算見積もり可能
最安値水準!他社より高い場合はご相談下さい!

0120-538-889 LINE問合せ