エコリサイクルセンター

お問い合わせはコチラ

一人暮らしの引越し料金目安と安く済ませる7つのコツサービス紹介

一人暮らしの引越し料金目安と安く済ませる7つのコツ

一人暮らしを開始する際に欠かせないのが引っ越し。
この引っ越しにかかる費用は新生活をスタートするにあたり、出来るだけ安く済ませたい部分ですよね。
ここでは一人暮らしの引っ越し料金を安くするコツをご紹介します。

一人暮らしの料金相場はどれくらい?

まず、一人暮らしの引っ越し費用の料金相場からご紹介します。
2tトラック一台と、作業スタッフ2名の計算でおよそ3~6万円が相場と言われています。

例えば、業者に頼まず個人で運ぶ場合は車を用意できる環境であればこの限りではありませんが、レンタカーやガソリン代で約2万円+αと考えるのが妥当です。

友人に手伝いに来てもらうなどがあれば謝礼も考えておかなくてはなりません。

業者に依頼する場合の料金を安くする7つのコツ

1. 引っ越し業者の繁忙期を避ける

引っ越し業者は人事異動の多い時期や大型休暇に予約が大変集中します。

例えば異動の多い3.4月、長期休暇のある8月、3月に次いで移動の多い9月や年末の12月等は引っ越し業者の繁忙期に当たります。

この時期を避けると予約も取り易く、価格も安くなります。
やむ負えず繁忙期に引っ越しをする場合は、予約が取り難い場合もありますので早めに予約をしておきましょう。

2. 平日に引っ越しを行う

土日、祝日、祝前日などは混み合いますので平日の作業がおすすめです。
次いで月曜日や金曜日など連休が取り易い平日も避けるのがベストです。

3. 午前中は人気!午後に引っ越しを行う

引っ越し時に午前中は作業をして午後はゆっくり片づけようという心理の方が多く、午前中は混み合います。少しでも安く済ますためには人気のない時間帯を選びましょう。

4. 作業人数を減らしてもらう

引っ越しを依頼するときに多くかかっている費用は、人件費です。
手伝えることは積極的に手伝い、作業人員を減らすことで費用を抑えることができます。

5. 単身者パックを利用する

業者によってはお得な単身者パックを用意している場合があります。
荷物量などによっては割高になる場合もあるので注意が必要ですが、各社に問い合わせを行い、比較するとお得なプランで引っ越しが出来ます。

6. 見積もりで比較

上記でご紹介した単身パックなどについて見積もりで比較することが重要です。
価格交渉に応じてくれる業者が見つかればお得になります。

7. 大型家具の吊り上げより家具の新調を!

  
単身者の引っ越しの場合、大型家具について追加で吊り上げ費用が掛かるのであれば、思い切って新しい家具を購入した方が安い場合もあります。

吊り上げ費用に応じて検討してみてください。

これらに加え、例えば長距離移動の場合は高速のETC料金などもかかってきます。
ETC料金は時間により割引もあるのでこういった点も利用したい部分です。

長距離の引っ越しの際には移動距離が長くなればなるほど費用に反映されます。世帯の長距離引っ越しでは難しいかもしれませんが、単身者の長距離引っ越しの場合には特に、大型家具は処分し再購入したり、ある程度宅配便で送れるものは先に宅配してもらうことで料金が安くなることもあります。
少しでもお得になるように検討してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
単身者向けの、引っ越し費用を安く済ませるコツについてまとめました。
実際に引っ越しをするには時間と労力、それに大きな費用が掛かります。

料金を安くするより、時間と手間をかけたくない!という方は、作業人数を増やしてもらい荷造りまで済ませてもらえば作業時間も手間もかからず時間と労力を削減できますが、引っ越し費用を少しでも安く済ませるには、十分な下調べと情報収集が必要だとわかりました。

少しでも初期費用を減らしたいという方の参考になれば幸いです。


通話料無料!電話ですぐに概算見積もり可能
最安値水準!他社より高い場合はご相談下さい!

0120-538-889 LINE問合せ