エコリサイクルセンター

お問い合わせはコチラ

引っ越し業者に依頼する安い時期とはサービス紹介

引っ越し業者に依頼する安い時期とは

引っ越し日を決定する際に、特に日取りに拘りが無くお休みなどの調整が出来る場合は出来るだけ費用が安い時期に引っ越しをしたいものです。

一言で引っ越し費用と言っても、安い時期と高い時期が存在し、業者が忙しい時期には高く、比較的予約が少ない時期には安くなる傾向にあります。

ここでは、引っ越しの安い時期をご紹介いたします。
引っ越しを検討する際に参考にしてください。

何曜日が安い?

お仕事の都合上、どうしても土日や祝日に引っ越し作業を行えないという方は多くいます。
土日祝日、祝前日は混み合いますので平日の引っ越しが狙い目です。

平日の中でも、火曜日、水曜日、木曜日は月曜日や金曜日に比べると少し安くなるようです。

何月が安い?

引っ越し費用の高い時期、安い時期の特徴は引っ越しの依頼が多い時期が高く、少ない時期が安くなっています。
特に安くなる月をご紹介します。
1月:新年早々引っ越しをしようという考えの方は少なく、比較的すいているので安くなる傾向があります。年末の引っ越しは高くなります。

6月:梅雨時で天気の予想がし難いので引っ越し業者への依頼も少なく、安くなります。
費用の融通が効きやすい時期でもあります。

7月:7月になると、引っ越しをするなら夏休みに入ってからと考える方が多く依頼が少ない時期になるので比較的安くなります。

11月:人の異動が少ない時期なので引っ越し業者への依頼も少なく融通が効く時期でもあります。

反対に、人の異動が多い3,4月や年末の12月、長期休暇のある8月の引っ越しは費用が高くなります。3,4月の次に人事異動が多い9月についても引っ越し料金が高くなる傾向があり、ここに出ていない2月や5月、10月の料金は高くもなく安くもない平均と言われています
このように、引っ越し業者が忙しくない時期に引っ越しのスケジュールを立てて出来るだけ安く済ませることがおすすめです。

同じ月でも費用は変わる?

例えば、どうしても引っ越し費用が高くなる3月に引っ越さなくてはならない場合、三月の中でも特に安い日程で引っ越し日を決めたいですよね。

ひと月のなかでも、引っ越し前のお部屋の退去日が月末になることが多いので、引っ越しは圧倒的に月末に依頼が集中します。少しでも引っ越し費用を安く済ませたい場合は、第二週や第三週がおすすめです。

引っ越し業者が忙しくなってくる時期には予約が取り難い場合もありますので、早めの予約や見積もりをお勧めいたします。

まだまだ気にする?お日柄

引っ越しやイベントごとなどはお日柄の良い「大安」に済ませよう。という方もまだまだ多くいます。

それに伴い大安での引っ越しは人気が高く、予約が埋まることはもちろん、料金も高くなります。
お日柄を気にしないという方は、あえて「仏滅」を選ぶことも料金を抑えるポイントとなります。お日柄について少しご紹介します。

大安:なにをするにも縁起がいいといわれているお日柄の良い日。「大いに安し」の意。イベントごとでの人気が高く、予約がいっぱいになり取れないこともあります。

仏滅:もっとも人気が低い、大凶日。お日柄を気にしない方の場合は、引っ越し費用も安くなる傾向があるのでおすすめではあります。実際に、繁忙期の3月などにはこの日しか予約が取れないという場合もあるので、割り切って仏滅に安く済ませるというのも良いのではないでしょうか。

先勝:午前中が吉、午後は凶というお日柄。午前中はやはり人気が高いです。

先負:先勝とは反対に、午前中は凶、午後は吉というお日柄。

友引:友を引くという意味を持ち、葬儀では避けられ、挙式では好まれるお日柄。
朝は吉、昼は凶、夕は大吉で夕方からの引っ越しにおすすめです。

赤口:全ての事に対して悪日と言われており、このお日柄での引っ越しも不人気です。

いかがでしたでしょうか。

以上の事柄を踏まえると、1月、6月、7月、11月の月中の平日で仏滅や赤口などの日程で引っ越しをするのが一番費用を抑えることができると言えます。

全てのポイントを押さえてスケジュールを組むことは難しいですが、この中の一点でもポイントを押さえて引っ越しをすれば少し引っ越し費用が抑えらるのでおすすめです。

参考にしてみてください。

引っ越しのときに家具回収・買取家電回収・買取なども一緒に行うと、引っ越し費用を浮かせることができます。


通話料無料!電話ですぐに概算見積もり可能
最安値水準!他社より高い場合はご相談下さい!

0120-538-889 LINE問合せ