エコリサイクルセンター

お問い合わせはコチラ

広島市のごみの捨て方・分別方法まとめサービス紹介

広島市のごみの捨て方・分別方法まとめ

最近、地域によってゴミの分別が、少しずつ違って悩む事が多いですよね?
同じ地域に住み続けていても、少しずつ変更があって、「これは何ゴミ?」と悩む事は主婦の日常です。

広島市では、大きく分けて8種類に分別するルールです。
ですが、細かいルールがあるので、基本分別に加え、分かりにくいものは、解説付きでご紹介します。
その前に広島のゴミの歴史にも触れてみましょう。

<40年前から紙ゴミ袋>

現在、他の地域ではポリ袋が主流ですが、広島市は1976年6月から40年近くも紙袋が使用されています。市民の環境意識が高くゴミ排出量が、2012年に人口50万人以上の自治体で3番目に少ないという結果を残しています。これを誇りに、これからもゴミ減量を心がけたいですね。

<ポリ袋移行実験もされていた>

可燃ゴミのポリ袋に移行の検討もなされ、2010年5~6月に約2100世帯をモデル地区にし、実際に透明・半透明のポリ袋を使用して出す実地試験が行われた。
試験後に参加した人を対象にアンケート実施しました。その結果、ポリ袋の利用について「分別が進む」「紙袋より雨や水に強い」等の賛成約38%で、「中身を見られないよう包んでから捨てるのでゴミの量が増える」等の反対が約36%と賛否は拮抗する結果になりました。
実際に出されたゴミを調査した結果、リサイクルできる紙ゴミが約50%、プラスチック類が約80%減少したが、ゴミをくるんだ新聞紙が約20%、生ごみが約13%増加した。ゴミの全体量は、前年同期比で約3%減少したが、モデル地区以外でも同程度減少が認められ、市はポリ袋による実質的な減量効果は少ないと判断したそうです。
日頃からゴミ減量の意識が高ければ、紙ゴミ袋でもポリ袋でも変わらないという結果になったのは、広島市民の環境意識の高さが生み出したものでしょう。素晴らしい事ですね。

<実際のゴミ分別>

可燃ゴミ 丈夫な紙袋 週2回

☆ 台所ゴミ(生ゴミ・卵の殻・貝殻など)→水をよく切り、新聞紙等で包む
※植物油は、布や新聞紙に吸い込ませる
竹串等先端の尖ったものは、先端をつぶす
☆ 再生できない紙(ティッシュ・カーボン紙・汚れのひどい紙類)→名刺サイズより大きいものは資源ゴミへ
※牛乳パック→店頭回収に出せない場合、可燃ゴミへ
☆ 木くず→直径10cm(生木は5cm)以下で50cm程度に切りそろえ、束ね少量ずつ出す
☆ 紙おむつ
☆ ペットの排せつ物→ペット砂は少量ずつ紙に包む
☆ 花火・マッチ→水に濡らす
☆ クッション・座布団→中身が綿のもののみ。へスポンジのものはNGその他プラ、綿入りでもはんてんは資源ゴミへ
☆ その他→煙草の吸殻、薬の外包、湿布、乾燥剤、脱臭剤など
※使い捨てカイロは不燃ゴミ
☆ 平成27年度は、以下を除く国民の祝日等の収集は無い
4月29日、7月20日、8月6日、9月21・22・23日、10月12日、12月23日、1月11日
お盆は通常通り収集
年末は12月30(水)まで、年始は1月4日(月)から、通常通り収集

水に濡れているものが多いのに紙袋なので、破れないように注意が必要。
紙袋は、市販している10枚100円程度のゴミ捨て専用紙袋のみでなく、丈夫であれば通常の紙袋も使用OK。デパート等でもらったしっかりとした紙袋の使用OK。
回収が雨の時には、いつも以上に破れないよう注意が必要ですね。

ペットボトル 透明・半透明のビニール袋 週1回

ゴミ捨て1このマークの付いているもの
☆ 中身が容易に見る事が出来る袋を使用
☆ キャップ下リングは、そのままでOK
☆ 食用油・ソース・洗剤・オイル使用ドレッシングのボトルNG→リサイクルプラへ
☆ キャップ・ラベル(リサイクルプラへ)を取って洗浄し、つぶす。
☆ 袋を重ねる(袋の中に袋状態)事はNG
☆ 平成27年度は、以下を除く国民の祝日等の収集は無い
4月29日、7月20日、8月6日、9月21・22・23日、10月12日、12月23日、1月11日
お盆は通常通り収集
年末は12月30(水)まで、年始は1月4日(月)から、通常通り収集

リサイクルプラ 透明・半透明のビニール袋 週1回

ゴミ捨て2このマークの付いているもの 付着物は洗浄
☆ 中身が容易に見る事が出来る袋を使用
☆ プラスチック製の袋・ネット
☆ 発泡スチロールの梱包材・容器→30cm未満のサイズにカット
☆ カップ麺の容器
☆ チューブ(ワサビ等の調味料・歯磨き粉)→使いきって出す
☆ レジ袋
☆ 食品トレー→店頭回収に出せない場合、リサイクルプラへ
☆ プラスチック製以外のキャップ・蓋は外して不燃ゴミへ
☆ 商品梱包のラップ→家庭使用のラップNGその他プラへ
☆ 袋を重ねる(袋の中に袋状態)事はNG。
☆ クリーニングのビニール外装は、その他プラへ
☆ 平成27年度は、以下を除く国民の祝日等の収集は無い
4月29日、7月20日、8月6日、9月21・22・23日、10月12日、12月23日、1月11日
お盆は通常通り収集
年末は12月30(水)まで、年始は1月4日(月)から、通常通り収集

プラの素材(原料)によって分けられているのか、その他プラと区別しにくいものが多いですね。
種類は詳細に記載しましたが、悩んだら広島市HPの家庭ゴミ分別50音事典(下記情報参照)で調べて分別して出しましょう。

その他プラ 透明・半透明のビニール袋 月2回

☆ 中身が容易に見る事が出来る袋を使用
☆ ビデオやカセットテープ・CDやDVDのディスク・ケース
☆ ぬいぐるみ・プラスチック製のおもちゃ→機械部品を含むぬいぐるみやおもちゃは不燃ゴミへ
☆ プラスチックハンガー→木製ハンガーは可燃ゴミ、金属性ハンガーは不燃ゴミへ
☆ 靴・スリッパ・革靴
☆ クリーニングの外装袋
☆ プラスチック製文具
☆ インクカードリッジ→店頭回収に出せない場合、その他プラへ
☆ 家庭使用のラップ・スポンジ
☆ 中身がスポンジのクッション・座布団→中身が綿のものは可燃ゴミへ
☆ ビニール製カバン→皮革製カバンは不燃ゴミ、布製カバンは資源ゴミへ
☆ ホースは、30cm以下に切る→切れないものが束ねて不燃ゴミへ
☆ 最大経30cm以上のプラスチック製品NG→大型ゴミ(有料)へ
☆ 灯油ポリタンクNG→大型ゴミ(有料)へ
☆ 平成27年度は、祝日等も収集日程表通り収集
ただし、1月は収集日を変更している場合があるので日程表を要確認

プラの素材(原料)によって分けられているのか、リサイクルプラと区別しにくいものもあります。
種類は詳細に記載しましたが、悩んだら広島市HPの家庭ゴミ分別50音事典(下記情報参照)で調べて分別して出しましょう。

不燃ゴミ 丈夫なビニール袋 月2回

☆ 丈夫でも土のう袋はNG
☆ 皮革製カバン→ビニール製カバンはその他プラ、布製カバンは資源ゴミへ
☆ 陶磁器類
☆ 白熱電球・LED電球・LED蛍光管→破裂しないよう新聞紙等で包む 蛍光管は有害ゴミへ
☆ 使い捨てカイロ
☆ 保冷剤
☆ 耐熱ガラス→その他ガラスは割れていても資源ゴミへ
☆ 化粧品の乳白色ビン・マニキュアのビン→左記以外の化粧ビンは資源ゴミへ
☆ アルミホイル類
☆ 金属製キャップ・蓋
☆ ビニールシート・ホース→紐等で束ねる。30cm以下にカットできるものはその他プラへ
☆ 最大経30cm未満の家電製品→30cm以上の家電製品は大型ゴミ(有料)へ
☆ 機械部品を含むぬいぐるみ・おもちゃ→機械部品を含まないものはその他プラへ
☆ 針・カミソリ・カッターの刃→フィルムケースや丈夫なビニールに入れ安全(作業員の怪我等を避けられる状態)に出す
☆ サビの取れない金属→少量のサビなら資源ゴミへ
☆ ライター→完全にガスを抜く。他の不燃ゴミとは別で袋に「ライター」と書いて出す
☆ 平成27年度は、祝日等も収集日程表通り収集
ただし、1月は収集日を変更している場合があるので日程表を要確認

不燃ゴミには、特殊なガラス・ビンや危険なゴミも含まれるので、ゴミの収集員や作業員が安全に作業できるように配慮が必要ですね。特にライターはガスが残っていると引火の可能性があるので、必ず別の袋へ入れて出しましょう。

資源ゴミ 紙類しばる・その他丈夫なビニール袋 月2回

☆ 基本は、地域の集団回収へ出す
☆ 新聞紙・広告チラシ・本・雑誌・菓子箱・ダイレクトメール・段ボール→紐でしばる
☆ 布製カバン→ビニール製カバンはその他プラ、皮革製カバンは不燃ゴミへ
☆ 古着・カーテン等の古布→衣類はすべて 紐でしばる又は丈夫な袋へ入れる
☆ 布団・毛布・じゅうたんは大型ゴミへ
☆ 空き缶・一斗缶・油缶→中身の残っているものはNG
☆ ガラスビン・化粧品ビン→リターナブルビン(ビールビン・一升瓶等)は基本的に販売店へ返却、中身の残っているものはNG
☆ フライパン・鍋等の金属製品→サビの取れないものは、不燃ゴミへ
☆ スプレー缶→使いきり、穴をあけて出す
☆ カセットコンロ用ボンベ→使いきり、穴をあけて出す
☆ 包丁→刃の部分を新聞紙等で包み「危険」と書いて出す
☆ ガラスくず→割れたガラス等は新聞紙等で包み「危険」と書いて出す
☆ 平成27年度は、祝日等も収集日程表通り収集
ただし、1月は収集日を変更している場合があるので日程表を要確認

布団・毛布・じゅうたんを除く古布は、資源ゴミで出せます。素材は関係ないようで、ストッキング・はんてん等も資源ゴミで出せます。スプレー缶は、完全にガスを出しておかないと引火や爆発の可能性があるので注意しましょう。
地域の集団回収実施の有無については、町内会等に問い合わせましょう。

有害ゴミ 丈夫なビニール袋に「有害」と書く 月2回

☆ 乾電池→充電式電池は、販売店の回収箱へ
☆ 水銀使用の体温計→水銀不使用の体温計は不燃ゴミへ
☆ 蛍光管→大きさに関わらず有害 白熱電球・LED電球・LED蛍光管は不燃ゴミへ
☆ 平成27年度は、祝日等も収集日程表通り収集
ただし、1月は収集日を変更している場合があるので日程表を要確認

人体や環境に有害な成分を含んだものなので、安易に処分をせず、ルールを守って処分しましょう。

大型ゴミ 納付券(シール)貼る 月2回(予約制)

☆ 納付券(シール)購入前に予約
☆ 予約前に大きさを計測しておく
☆ 予約は下記の方法で行う
電話FAX:収集日前日から数えてセンター休日を除いて3日前までに大型ごみ受付センター(連絡先下記情報参照)へ予約する
インターネット:収集日前日から数えてセンター休日を除いて5日前までに予約する
広島市HP「広島市大型ゴミ収集申込み」サイト(下記情報参照)
センター休日→土日、国民の祝日・休日、8月6日、12月29日~1月3日
☆ 家具・寝具・家電製品→最大経30cm以上のもの、棒状のものは1m以上
☆ 家電リサイクル法対象機器→対象機器:エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機
市の納付券3,000円とは別に「家電リサイクル券」を郵便局で入手しリサイクル料を振込む必要がある
☆ 家庭用パソコン・ディスプレイは収集NG→製造メーカー又はパソコン3R推進協会(連絡先下記情報参照)へ回収依頼

事前に予約申し込みが必要で、納付券も購入しなくてはいけないので、大型家具等を処分する予定がある時には早めに確認をしましょう。
特に家電リサイクル法対象機器は、申込み・納付券購入・リサイクル券入手と振り込みが必要なので、手続きの抜けがないように注意が必要ですね。

<市では収集しないゴミ>

☆ オートバイ(原動機付き自転車(原付))、自動車、農業用耕運機、FRP廃船などの乗り物・タイヤ
☆ 引火性又は爆発性を有するもの→火薬類・ボンベ類(カセット式コンロ用ボンベ除く)・未使用の消火器・石油類・バッテリー等
☆ 有毒性のもの→農薬・その他薬品類
☆ 浄化槽・耐火金庫・ピアノ(電子ピアノ除く)
☆ パソコン→本体・ディスプレイ 製造メーカーやパソコン3R推進協会(連絡先下記情報参照)へ回収依頼
☆ 一時多量ゴミ→引越・庭木の刈り込み・模様替え等で出た多量のゴミ 自己搬入又は許可業者へ
自己搬入時に産業廃棄物等、市の施設搬入できないものもあるので事前確認が必要
☆ 事業ゴミ→自己搬入又は許可業者へ
自己搬入時に産業廃棄物等、市の施設搬入できないものもあるので事前確認が必要

石油類の中には、灯油も含まれます。灯油等の石油類は、一部ガソリンスタンドで引き取ってもらえるが、費用負担が発生する場合がありますので事前確認が必要です。
タイヤ等の不法投棄は環境へ多大な影響を出るので絶対してはいけません。ルールを守って処分しましょう。

市で収集しないゴミの収集

エコリサイクルセンターでは、市で収集しないゴミでも取り扱っています。
お気軽にご相談ください。
問い合わせはこちら

<広島市公式HPの情報>

平成27年度版 家庭ゴミの正しい出し方PC版→http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1425450871513/index.html

PC版家庭ゴミ分別50音事典→http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1277099413287/index.html
ドコモ版家庭ゴミ分別50音事典→http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/im-con/0000000000000/1279785045948/index.html
ソフトバンク版携帯版家庭ゴミ分別50音事典→http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/sb-con/0000000000000/1279785045948/index.html
AU版家庭ゴミ分別50音事典→http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/ez-con/0000000000000/1279785045948/index.html

ゴミ捨て3

大型ゴミのインターネット予約→http://www.ogatagomi.kankyo.city.hiroshima.jp/
大型ゴミの電話・FAX予約→TEL082-544-5300 FAX082-544-5301
パソコン3R推進協会→TEL03-5282-7685 HP:http://www.pc3r.jp/


通話料無料!電話ですぐに概算見積もり可能
最安値水準!他社より高い場合はご相談下さい!

0120-538-889 LINE問合せ